悩み別で選ぶ

注射は痛み、傷跡が少ないのがメリット!メスを使わない3通りの豊胸手術法

メスを使わない豊胸手術法

豊胸手術といえば、シリコンや生理食塩水の豊胸バッグを胸に挿入してバストアップする方法が知られていますが「身体にメスを入れるのは嫌」「肌を傷つけたくない」という人も少なくありません。

最近の美容外科クリニックでは、メスを使わずに胸を大きくする方法も様々にあります。
メスを使わない、切らずにバストアップする豊胸術をまとめました。

メスを使わない豊胸手術

  • ヒアルロン酸注入法
  • 脂肪注入法
  • 光豊胸

ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸注入法豊胸

ヒアルロン酸をバストに注入して、豊胸する方法です。
麻酔は局所麻酔だけで済み、施術後すぐに日常生活が送れます。

クリニックで行なう豊胸手術の中で最もダウンタイム(施術後、回復するまでの期間)が短く、注射の跡もバストの数ヶ所で済むので、傷跡も目立ちません。

ヒアルロン酸は人体に存在する物質で、徐々に吸収される為、安全性が高いのですが「長期間もたずに、すぐに小さくなる」というデメリットがありました。

最近では10年以上持続する低吸収ヒアルロン酸や、超音波を使ってヒアルロン酸を固まりで注入する「エコー下注入法」などを使うことで、長期的にバストの大きさを維持できるようになっています。

脂肪注入法

脂肪注入法豊胸

お腹や太もも、おしりなどから余分な脂肪を吸引して、バストに注入します。

自分の脂肪を使ってバストアップする為、アレルギーや副作用の心配がなく、気になる部分の痩身もできるのでメリハリのある身体を手に入れられると人気の豊胸手術です。

またヒアルロン酸注入法だと、どうしても脂肪よりも硬い触り心地が気になりますが、脂肪注入法では柔らかで自然な触感のバストに仕上がります。

脂肪吸引とバスト注入で2ヶ所に傷跡が残り、ヒアルロン酸注入法よりもダウンタイム(施術から回復までの期間)が長め。

メスを使わない豊胸手術の中では、自然なバストサイズを長期間維持できると、最も選ばれている方法です。

光豊胸

厳密には手術ではありませんが、光豊胸はバストに光(遠赤外線)を照射することで、バストアップを図る方法です。

一部の美容外科クリニックで実施している所もありますが、基本的にはエステサロンで行なわれています。

ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法では、麻酔や注射による痛みがありますが、光豊胸は光を胸に当てるだけなので痛みは一切なく、副作用の心配もありません。

光で豊胸できる仕組みとしては以下の4通りです。

  • 脂肪細胞の体積を増やす
  • 血行やリンパの循環を促進
  • 女性ホルモンの分泌を活性化
  • 新陳代謝をアップさせて美肌を作る

光豊胸は一種の体質改善で、胸が大きく育ちやすい環境を整えることが目的です。
その為、光豊胸によるバストアップには個人差があり、誰でも確実に胸が大きくなるとは限りません。

効果が現れるまでに何回も施術を受ける必要があり、時間がかかりますが、1回の施術料金が安く、痛みがなく、バストに何も入れないので安全性が高いのがメリットです。

最後に

ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法による豊胸はメスを使わずに行なわれる豊胸術ですが、注射や脂肪吸引などで、どうしても数ヶ所の傷跡は残ります。

ただし豊胸バッグ挿入よりも傷跡は小さく、目立たないので、長期間手術跡を隠さずに済みます。

注入法による豊胸のデメリットは、体内に吸収される成分を使用するので、どうしてもバストサイズを長期的に維持できないこと。

「胸が小さくなるなら、豊胸バッグを入れておけば良かった」と言う人も少なくありません。
それぞれのメリット・デメリットを比較してみて、自分に合った方法を選んでみて下さい。

湘南美容外科クリニック
ページトップヘ